ブログで稼ぐ方法を色々紹介


by kvfx6xdukd

日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイの内藤晴夫社長は3月4日に記者会見し、2011年度の日本での売り上げ目標を当初の3600億円から4200億円に大幅に引き上げる考えを示した。当初目標を09年度に2年前倒しでほぼ達成するため。10年度は3800億円を予想しており、11年度はそれから400億円上積みする計画だ。12年度については、薬価改定があることを踏まえ、4000億円と予想した。

 内藤社長は、低悪性度非ホジキンリンパ腫治療剤ベンダムスチン、神経障害性疼痛治療剤プレガバリン(共にパートナーが申請中)、難治性再発乳がん治療剤エリブリン(3月申請予定)、重症敗血症治療剤エリトラン、不眠症治療剤エスゾピクロン(共に10年度申請予定)などの寄与に期待を示した。
 また、08年6月に発売した関節リウマチ治療剤ヒュミラについて、「適応追加に加え、全例調査終了を機に急伸長させ、中期的には領域トップシェアを目指す」とした。

 同社にとって最大の経営課題は、10年11月の米国でのアルツハイマー型認知症治療剤アリセプトの特許切れへの対応で、米国でのアリセプトの売り上げについて、10年度の20億ドルから、12年度には8億ドルに12億ドル(約1050億円)減少すると予想。減少分を日本事業(200億円増)と中国事業(200億円増)の拡大、米国の現製品の拡大および新製品投入(650億円増)で相殺したいとした。


【関連記事】
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ
米バイオベンチャーを227億円で買収へ―エーザイ
アリセプトの米特許切れ克服に自信―内藤エーザイ社長
エーザイ、アリセプトの共同販促などでファイザーと合意

頼まれ妻殺害の夫に猶予判決「同情の余地ある」(読売新聞)
<流しびな>園児たちが願い事書き人工の川に 名古屋(毎日新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
難治性疾患対策の検討チーム設置へ―厚労省(医療介護CBニュース)
地元業者が「欠けにくい」信楽焼の新製品開発(産経新聞)
[PR]
by kvfx6xdukd | 2010-03-09 10:50