ブログで稼ぐ方法を色々紹介


by kvfx6xdukd
 鳩山由紀夫首相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、3月中に決めるとしてきた移設先の政府案に関し、「1日、2日、数日ずれることが何も大きな話ではなく、大事なことは5月にしっかりとした案を(沖縄や米国に)理解してもらうことだ」と述べ、4月にずれ込むとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。3月中の政府案決定を実現できなくなったため、正当化を図った形だ。

 首相は今月4日、「当然、3月中には政府の考え方をまとめなければいけない」と記者団に語り、自ら政府案を一本化する期限を設定していた。しかし、29日に「今月中じゃなきゃならないと、法的に決まっているわけじゃない」と前言を翻した。ところが、この発言の評判が悪かったので、苦しい“言い訳”をせざるを得なくなった。

 一方、平野博文官房長官は30日の記者会見で「5月末までに政府決定ができるかが本質論であり、ぶれているわけではない」と、首相を擁護した。その上で、米国のゲーツ国防長官やクリントン国務長官と会談した岡田克也外相の報告を待って判断するとの見通しを示した。

「AKBがいる」「ジャニーズが…」飛び交うデマに原宿は騒然 (産経新聞)
公立・私立高「格差」残る…授業料無償化法成立(読売新聞)
長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)
[PR]
# by kvfx6xdukd | 2010-04-02 14:38
 参院は26日午前の本会議で、原子力安全委員会委員に班目春樹東大大学院教授、日銀審議委員に森本宜久電気事業連合会副会長を起用するなど8機関32人の同意人事案を採決し、民主、社民、国民新各党などの賛成多数で可決した。衆院は25日の本会議で可決しており、衆参両院で同意された。 

【関連ニュース】
デフレ長期化を警戒=亀崎日銀審議委員が講演
社民、同意人事案に賛成=党首の閣議署名で方針転換
原子力分野の協力で一致=日・カザフ外相
イランに国連決議順守を要求=岡田外相

普天間、月内に政府案決めず=鳩山首相(時事通信)
ツイッターの信頼性 “なりすまし”防ぐ機関設立を(産経新聞)
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足−大阪(時事通信)
NEC、メタボ健診を30歳まで引き下げ(読売新聞)
ヒゲで評価ダウンは不当 慰謝料支払い命令(産経新聞)
[PR]
# by kvfx6xdukd | 2010-03-31 05:31
 21日午後3時45分頃、北海道石狩市の石狩浜から約200メートル沖合で、ベトナム船籍の貨物船ドンフォン号(5552トン、20人乗り組み)が浅瀬に乗り上げたと同船から連絡があった。船員、船体に異常はない。

 小樽海上保安部の発表によると、同船は石狩湾港沖合約5・5キロでいかりを下ろして停泊していたが、強風で流され、船首が深さ約6メートルの砂地に乗り上げた。

 同船は、天候の回復を待って22日朝にも離礁作業に入る。

 船はスクラップを積み込むため、韓国・釜山(プサン)港から石狩湾港に向かっていた。

鳩山首相、敵地攻撃「違憲でない」=参院予算委で集中審議(時事通信)
<労働時間>有休取得率に目標 ガイドライン改正(毎日新聞)
刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)
インフル患者、7週連続で減少(医療介護CBニュース)
水事故ゼロ目指し官民一体組織を設立 日本財団など(産経新聞)
[PR]
# by kvfx6xdukd | 2010-03-28 00:39
 妻が出産時に寝たきりとなり後に死亡したのは、三重県四日市市の産婦人科医院の麻酔薬投与ミスが原因であるとして、遺族が医院と国を相手取り、約1億7000万円の損害賠償などを求めた訴訟は26日、医院との和解が津地裁四日市支部で成立した。

 原告側代理人によると、和解内容は▽医院が賠償金(額は非公表)を支払う▽過去に起きた3件の医療事故も、院長(69)の過失であることを確認する−−など。自らが医療ミスを繰り返す「リピーター医師」であると公の場で認めたと言える。院長は現時点では行政処分を受けていないが、同種の事故を重ねながら処分のないまま医療行為を続けるリピーター医師が社会問題化しており、国の今後の対応が注目される。

 原告は、同市の小学校教諭、伊藤永真さん(44)と家族。国に対しても院長への行政処分を怠ったとして賠償請求していたが、今回の和解により請求を取り下げた。【飯田和樹】

【関連ニュース】
<医療ミス>がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘
<医療ミス>カテーテルから空気入り男性死亡 静岡の病院
山本病院:理事長を業過致死罪で起訴 奈良地検
高リスク妊婦:ヘリ搬送が増加 全国で毎年100件超
性同一性障害:手術ミスで和解 説明の不備認める

副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営(医療介護CBニュース)
<口腔崩壊>貧困で子供の歯を治療せず 医師「実態調査を」(毎日新聞)
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ(時事通信)
幻の銘酒も…越後の蔵元一堂に にいがた酒の陣2010(産経新聞)
橋下知事の伊丹空港廃止構想、府議会も決議へ(読売新聞)
[PR]
# by kvfx6xdukd | 2010-03-26 17:23
 気象庁の桜井邦雄長官は18日の定例記者会見で、チリ大地震による津波の高さ予測が過大だったことについて、「予測精度は十分ではなく、データベースの改善を行う」と述べる一方、「限られた精度の中で防災情報を出す点では最善を尽くした。警報発表は適切だった」との見解を示した。
 同庁は2月28日午前、三陸沿岸に16年半ぶりの大津波警報(3メートル以上)を発表したが、実際の高さは当日の観測で最大1.2メートル(岩手県久慈市の港)、後日の調査で同1.9メートル(同県陸前高田市の漁港)だった。人的被害はなかったが、危険な水準であることは同じ。
 気象庁地震津波監視課の関田康雄課長は3月1日の記者会見で、津波予測が「結果的に少し過大だった。警報が長引いたことをおわびしたい」と述べた。同庁を所管する前原誠司国土交通相は翌日、謝罪するには当たらないとの考えを示していた。 

【関連ニュース】
【特集】2010年チリ大地震〜M8.8の巨大地震〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜

核密約資料、後任に引き継ぎ=衆院外務委の参考人質疑で東郷氏(時事通信)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
巡査部長を戒告処分=捜査報告書を無許可で持ち出し−岐阜県警(時事通信)
阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
雄にたてがみ生えず、雌に角? =性別取り違え−札幌市円山動物園(時事通信)
[PR]
# by kvfx6xdukd | 2010-03-24 13:09